スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語 感想

・・・・

見た直後はもうすごいとしか言いようがないよ
面白いかどうかよりもすごいという言葉が先にくるわ


ネタバレなしで感想を書くと


前半は割とゆっくり進むんだけど
後半になると怒涛の展開で頭が追いつかない
これは二回は見ないと理解できないと思う

賛否両論という言葉にも納得の内容で
人によっちゃこれはないわと思うだろうな
俺はとても好きな展開だけどな
感情をむき出しにしてるキャラってやっぱいいと思うよ

下手したら今までのことを台無しにするような内容だからな
でも急展開と言うわけでもなく話を理解する材料はちゃんと作中にある
理解はできても予想はできないけどね

これ予想できた人間は予知能力持ちだわ
見ながら中盤ぐらいまでは予想がつくとは思う
でもその後はまったく予想もしない展開だったわ
まさしく「叛逆の物語」にふさわしい内容だったな

シャフトや犬カレー特有の不気味な表現と話の内容がマッチしてた
ものすごい違和感や気持ち悪さといったものがうまく描かれてたね

TV版を見た後は寂しさはあるものの割とスッキリしててこれで終わりだといった感じなんだけど
これ見ると続編が見たくなるわ
一つの物語の完結の形としてはちゃんとはしてるんだよ
だけどなんかもやもやと胸に残るものがあって続きを見たいと思ってしまう

ほんと途中まではきれいに終わるものと思ってたんだけどな
まどか☆マギカらしい終わり方っちゃそうなんだけど



ここからはネタバレありで書いていこう


ほむらが悪魔になるとか予想できないから
あの世界を作ってるのがほむらだとか
まどかがほむらを救済にくるだとか
そういうのはまあ予想がつかないこともないが
いきなり悪魔って

別にほむらがまどかを捕まえたことはおかしくないよ
その前にQBが観測できさえすれば干渉できるみたいなこと言ってるんだから
それにあれだけの力もまどかの例があるから無理ではないだろうさ

それにしてもその力の源が愛とは
ほむらの「愛よ」ってセリフはこの映画の中でも一番印象深いな
結局はほむらの愛の物語みたいなところだし

ただあれは愛というよりさやかの言ってたように欲望や妄執に近い気もする
ほむらも私にしか理解できないと言ってるし
他人から見れば愛には見えないということもあるのだろう

そもそも欲望や妄執も含んで愛と呼ぶのかもしれない

まどかがひとりぼっちは耐えられないと言う本音と
そのうえでほむらの一緒にいたいという欲もプラスされて
ほむらがあんなことに踏み切ってしまったわけで

まどかもほんと強い子だよな
本当は辛いことでもやってのけてしまう優しさと勇気を併せ持つという
作中随一のメンタルの持ち主

結界出る前のまどかとほむらの会話もちゃんとこのことを指してたんだよな
一回目では全然気づかないけど
二回目見ると明らかにこのことを言ってることが分かる
私がどうなってもまどかと一緒にいたい、って言ってるもんね

あれはまどかの「自分の手で救う」という願いを踏みにじってるわけで
願いで願いをつぶしたということになるのか

ほむらがまどかを円環の理から引き裂いたのも
その後自分の思い通りの世界を作ったのも
今までのほむらを見ればまあ納得できるような

ほむらのまどかに対する思いが強すぎるんだよな
魔法少女になってからはすべてのことがまどかのためだったし
今回もまどかのために世界を変えたわけだ

まどかの願いを否定してでも自分の願いを優先させたほむらちゃんって図だな
例えまどかと敵対することになっても恨まれることになっても
それでもまどかに一緒にいてほしい、幸せでいてほしいという強い思い
それが愛と呼ぶべきものなのか

正直な話狂気に近い愛だよね
そんなほむらは嫌いじゃないしむしろ好きだけど

ほむらはちょっと歪んでるところがいいと思います
悪魔になってからはちょっとってレベルじゃないけど
実は悪魔になってからの方が好きというのもある
好きの種類が違うかな

メガほむやクーほむは必死なところが可愛かったんだよな
あまりに一途で綱渡りしているような精神状態のところが

対して悪魔ほむ、デビほむとでもいうべきか、は歪んでるところがよろしい
あの狂気的な愛には美しさに似たものがあると思う


最後の世界はほむらの結界が宇宙まで拡張されたようなものかな
その中にほむらが引き裂いてきたまどかがいて
円環の理はその人格部分が欠けたままで意思のないシステムとしてあるわけだ
その円環の理が断片であるまどかに反応してくっつこうとしてるのだろう

最後のほむらが飛び降りてるのは何を表現してるんだろうか
堕ちていく様子とかかな
あのほむらが落下したぐらいで死ぬなんてことはないだろうし
それとも投げやりになってるとかかな


ほむらの魔女も出てきたわけだが
魔女の主観で描かれるってのも初めてのことだよな
あれを見る限りじゃ魔女ってのは一つの感情に突き動かされる存在ってとこかな

ほむらだとまどかを守るために死ぬことか
断頭台に向かってるわけだしね

あそこらへんのバトルは魔法少女らしいというか
ハッピーエンドに向かってるという気がしたんだがな

まあこれもある意味ではハッピーエンドと言えなくもないが
ほむらはまどかと一緒にいられて満足
他は何も知らないんだから特にバッドだということもない
しいて言えば危うさをはらんでいることがバッドに見えるところか


ほむらの理想の世界ってのはまあなんていうか
ピュエラ・マギ・ホーリー・クインテットは笑うしかないよね
ほむらの認識がああいうマミさんってことなんだろうか
ほむらの理想としてああいう風に戦いたいというものもあるんだろうか

ただ戦わないことが理想ではないんだよな
まどかと会ったきっかけが魔法少女だから当たり前なんだが

先生があれだけはっちゃけてたのはどういうことなんですかね、ほむらさん


ほむら対マミの銃撃戦は素晴らしかった
銃による近接戦に
時間停止を利用して銃弾を配置して詰めていく知能戦
どちらもよかったわ

もうかっこいいのなんの
手の届く距離で銃撃し合うとか
どんどんどんどん銃弾を配置して一斉に動き出すとか
その時の息だけが聞こえる様子とか
かっこ良かったわ

全力マミさんハンパなく強いな

ほむら魔女戦もバトルは良かったな
こっちは打って変わって総力戦で
無数の使い魔や魔法少女達が入り乱れて戦ってて

さやかやなぎさの戦い方も今までには出てこなかったもんだから良かった
オクタヴィアを召喚したときは盛り上がったわ


変身のモチーフは踊りみたいだけど
マミがアイススケート
さやかがブレイクダンス
ほむらが新体操
までは何となくわかったけど
杏子はスペイン舞踊?
まどかは全くわからん

あの変身も今までのと比べるとずいぶん不気味な感じだったな


ナイトメアのとどめのお茶会も今までのこの作品の雰囲気にそぐわないという点で不気味
なんで歌ってんのって状態だもの

今回は背景も不気味なの多かったな
バスに乗ってるとことか
船に乗ってるとことか


ほむらが記憶を戻していく毎に声の調子が変わっていくのはうまいと思った
アニメならではの手法だよね

今回の千和さんはすごかったと思うよ
思わず泣きそうになったところがいくつもあったし


OPはとっても不穏だったな
ほむらをおいてみんなが楽しく踊ってるわ
ほむらがまどかの手を取ったらまどかが砂になるわ
ほむらに何かしら起こるとしか思えないじゃん

あれはほむらの孤独さを表してたのかな
みんなと共有できない寂しさ、手の届かない辛さといったものを

EDも良かったな
内容に合った歌で


QBはしゃべらなくてもうざかった
全員一斉に「わけがわからないよ」は笑わせに来てるだろ

手におえないから逃げようとしたら捕まってるし
最終的にぼろ雑巾でざまあ



総括すると
個人的にはとても好みの作品
後味は悪いもののそれも味だと思う
人により好みは分かれやすいだろうが
良くも悪くもすごいという感想は出るだろう

要するにいっぺん見とけ


魔法少女まどか☆マギカ Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)魔法少女まどか☆マギカ Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
(2013/12/25)
悠木碧、斎藤千和 他

商品詳細を見る

魔法少女まどか☆マギカ MUSIC COLLECTION魔法少女まどか☆マギカ MUSIC COLLECTION
(2013/12/25)
TVサントラ

商品詳細を見る

カラフル(期間生産限定アニメ盤)カラフル(期間生産限定アニメ盤)
(2013/10/30)
ClariS

商品詳細を見る

君の銀の庭(期間生産限定アニメ盤)君の銀の庭(期間生産限定アニメ盤)
(2013/11/06)
Kalafina

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来客者数
プロフィール

イアウク

Author:イアウク
時雨ちゃん可愛い。

Twitter
iaukuをフォローしましょう
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Amazonサーチ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。