スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亜人 4巻 感想

本格的に動き始めたな

佐藤のもとに亜人がいっぱい集まったぞ
賛同したのは7人集まった内の3人だけだったけど
佐藤と田中含めて5人も亜人がいれば結構なもんだろう

亜人にも考えの違いがあってだいたい次の三つに分けられるかな

・亜人は亜人として生きるんだよ派
これは佐藤が代表的
亜人の力をフルに使って目的を果たすやつら
そのためならどんなことでもする
ただし目的の相違がある可能性あり

・亜人と言えども人類の一員だよ派
消防士のおじさんとか中野君とか
ごく一般的な倫理観を持ってる奴らかな
亜人ではない人間とともに普通に生きることを望む
いわゆる共存派

・平穏が一番だよ派
圭とか
自分に火の粉が降りかからないならどうでもいい奴ら
積極的には動かないし現状維持を第一とする
作中では少ないけどこれが一番多いんじゃないかと思う

ここの会話でわかったことは
・先天的なものは回復不可
・亜人でも子供はできる
前者で問題になるのは全快の状態がどこか
後者で問題になるのは亜人の体機能

頭の生成と同時に記憶も保持されていることから見ても
全快の状態が時々刻々と変化してるってのはわかってた
ここで右足の筋肉が弱いままだというのは欠損ではなく特徴だとみなされているからなのかな
まあ復活してムキムキとかガリガリになってる奴もいなかったし当たり前っちゃ当たり前か

亜人にも子供ができるってことは基本的な機能は変わらないっぽいな
亜人の子供がどうなるのかってのはちょっと気になるけど
でも亜人が後天的なものだとすると亜人になる前にできた子供という可能性も


ここの消防士のオッチャンがかっこいい
逃げてるときの中野君との会話とか戦闘態勢に入ってるとことか

その後中野君を政府の連中がきて捕獲しようとするも何とか逃走成功
そして圭に会いましたと

圭は安全なところで平穏に暮らしてる
それを壊される可能性は排除するというスタンス
というわけで中野君は圭に捕まって身動き取れなくなりました

殺さずに動きを封じる方法って結構あるわね
毒を盛ったり気絶させたり拘束したり

出会ったときに中野君を殺したのをまずいなって言ってるけど
仲間がいて殺したことで場所が割れる危険性があることについてのまずいなだろうな
殺したこと自体には特に何も思ってないだろう

ここまで過激でなくとも圭みたいなスタンスの人間は亜人に限らず多いと思うがね

佐藤のビデオの後のちくわ食べてる圭は落差に笑える


戸崎さんの首も危ういな
文句ばっかの連中にはそりゃイライラするわ

オグライクヤの話でIBMの弱点がいろいろとわかったな
長期戦に持ち込むことさえできればなんとかなると
物量による波状攻撃が最善か

政府側も色々と問題抱えてんなぁ
亜人に対抗するにも内部をどうにかしなきゃだめなんじゃね

IBMは盗聴にも使えるとか便利だな
亜人じゃない人間にとっては見えないし強いしで恐ろしい存在だ
先に書いたように対策がないわけじゃないようだが


そして動き出す佐藤一派
19話始めのいざ出陣って感じの絵がかっこよくて好き

旅客機による特攻とは驚いた
スケールがでかいなおい
佐藤は不死を本当によく利用してるな

でも実はこういうことがあるかもしれないとは示唆されてたんだよね
15話で消防士のオッチャンが「旅客機を落とせる」って言ってるし
でも乗る側とは思ってなかったよ

佐藤一派にもすれ違いが生まれてる感じはある
田中が驚いたような表情してるし
佐藤の真の考えをわかってるやつがいないからだろうな
消防士のオッチャンも言ってたが佐藤の目的はなんなのやら

佐藤はぶっ飛びすぎだ


佐藤一派が今後どういう動きを見せるのかが楽しみ
そして圭はどうするのか
中野君はどうなるのか

亜人(4) (アフタヌーンKC)亜人(4) (アフタヌーンKC)
(2014/05/07)
桜井 画門

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来客者数
プロフィール

イアウク

Author:イアウク
時雨ちゃん可愛い。

Twitter
iaukuをフォローしましょう
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Amazonサーチ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。