スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神さまのいない日曜日 感想

アニメ見てから原作買ったがもう終わってしまった

テーマが一貫してていい作品だったよ

アニメ見て買ったわけだけど
アニメの3話で一気に引き込まれたな

原作で言うと1巻が終わるところだけど
あれでこの作品の世界がどういうものなのかが分かって良かった
ハンプニーかっこよかったですわ

アニメは雰囲気はとても良かったんだけど
原作読んでからだとアニメは微妙な出来だったんだと思うようになった

雰囲気は良かったんだよな、演出とか
でも肝心の内容が原作の上澄みを掬っただけのような内容だった
テーマが抜けてるって感じ

この作品の芯の部分をアニメ化しようとすると映えないんだろうけど
面白いとこが抜けちゃってた


原作も終わっちゃったわけなんだけど
自分がアニメ見て買ったのが8巻までだったからもう終わりかって感じ
8巻の最後があれだったからどうなるんだろうとは思ったけど
9巻でのアイの選択はちょっと意外だった

結局最初っから最後までアイがどうするかって話だったな
その一貫したところがこの作品のいいところだが

あと自分が惹かれたのはやっぱり世界観だな
死者となっても生者に混ざって同じように活動する人間たち
そして心からの願いならばどんなものでも叶う
徐々に滅びに向かってる世界

絶望も希望も残ってる世界と言えばいいかな

こういっちゃなんだが
ハンプニーの死にざまは本当に良かった
死にたいと思いながら生き続けて
死にたくないと思ったところで死んでしまって
そして最後には自分の意志を貫いて埋葬された

死者が蔓延るような壊れた世界でも
ハンプニーのように救われる人間もいるんだということが分かって良かった
その時のアイの泣きながら埋葬する姿もまたいいわ

死者が動けるというのが自分で最後を決めなくちゃいけないということ
って言うのはなるほどと感心した
死は本来向かってくるものだけど
この作品においては自分で死に向かって歩かなきゃならないっていう
そういう決断もしなきゃならないんだと


この世界では願いが叶うというが
必ずしもそれがいい結果につながるとは限らないんだな

願いが叶ってしまったせいで
アイは心が折れたし
アリスは好きなものを手放したし
他の皆さんもいろいろな目にあってしまって

しかし叶った願いにおかしいレベルのものがちらほらあるよな
ウッラとかハンプニーとかアリスとか

アリスの「拳銃喰らい」なんかは最初は「必ず当てる」能力とか言われてたけど
実際は「確率操作」という反則級の能力だったと
人間が想像できることは実現できるを地で行く能力

まあいくら強い能力持ってようとこの作品では戦闘はメインじゃないしな
メインメンバーは何気に強キャラぞろいだけど
意志を貫くために必要ならば辞さない程度で


自分の妄想の範囲でしかないけど
死者が動き回る世界ってのも願いの結果なんじゃないかという可能性を考えてる
初めにあったのは「願いが叶う世界」だけで
誰かが「誰も死なない世界」を望んだらこうなったとか

さらに言うなら
本当は願いを叶えられるのは一人だけだったけど
そいつが「誰もの願いが叶う世界」を願ったからあの世界になったとかいう考えも

正直自分でもないなと思う考えだけど


この世界観も魅力の一つではあるが
この作品の一番の魅力はやっぱり終始一貫したテーマだな
アイの夢というテーマ

アイの夢のきっかけや実現することの難しさを語って
そして挫折させて夢を諦めさせて
それとは違う誰もが持つ当たり前の夢を持って
過去の自分ともいえる相手を見て
最後に自分の運命を選んだ

だいたいこんな感じ

8巻でアイが死んでから9巻では埋葬されないことを選んだけど
挫折するまでのアイだったら迷わず埋葬されてただろうなと思うと
アイも変わったんだなということがわかるな

ちゃんと一貫したものを持ってれば人でも作品でも好感が持てるわ

アイはところどころバカっぽい行動をとることがあるけど
アイは別にバカではないと思うんだよね
知識が足りないだけで頭の回転は速いし
ただ自分に忠実なだけで


あと茨乃さんの絵も好き


いい作品だった
もっと見てたかったという思いはあるけど
グダグダ続けるよりは9巻でピシッと終わらせたのは良かったかな
そもそもグダグダ続けられるような内容でもないし
作者もあとがきで初めにだいたいの流れは考えてたって書いてあるしな

この作品が気になる人はぜひ一巻だけでも読んでほしい
もしくはアニメの3話まで
そこまで読めば合う合わないはわかるだろう

ラノベ版だけじゃなくて文庫版も発売してるみたい
イラストはいらないという人はこっちの方がいいかな

漫画のやつも読みたいな

この作者の「魔法の子」も読んだけどこの作品に似たところを感じる

神さまのいない日曜日 (富士見ファンタジア文庫)神さまのいない日曜日 (富士見ファンタジア文庫)
(2010/01/20)
入江 君人

商品詳細を見る

神さまのいない日曜日IX (ファンタジア文庫)神さまのいない日曜日IX (ファンタジア文庫)
(2014/05/20)
入江 君人

商品詳細を見る

神さまのいない日曜日  墓守の少女 (角川文庫)神さまのいない日曜日 墓守の少女 (角川文庫)
(2013/05/25)
入江 君人

商品詳細を見る




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来客者数
プロフィール

イアウク

Author:イアウク
時雨ちゃん可愛い。

Twitter
iaukuをフォローしましょう
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Amazonサーチ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。